BNB(バイナンスコイン)を購入!!中国取引所Binanceの成長性は??

こんにちは!マイナー仮想通貨への投資にハマっている財前です。

今回は、今目の仮想通貨取引所であるBinanceのBNB(バイナンスコイン)に投資をしたので、その投資理由について書いていきたいと思います。

 

お恥ずかしいことにBNB(バイナンスコイン)の存在を最近知ったのですが、『これは、相当な値上がりを期待できるのでは!!!』と思い、いくつかの通貨を利確して投資しました。

 

というのも、BNB(バイナンスコイン)はBinanceにひもづく仮想通貨で、そのBinance がめちゃくちゃ勢いのある取引所なんですよね。

2017年7月にオープンしたばかりの取引所。

でも、12月には、24時間の取引量が1位になった日もあるそうです。

今まであった仮想通貨取引所はあっさりと抜かれてしまったわけです。


半年もたたずに、取引高1位は驚きです!!!

いま、伸びている仮想通貨取引所がBinanceなのです。そのBinanceが発行している仮想通貨ということで、BNB(バイナンスコイン)にも勢いがあるのではと思っています。


もっと早く買っておけばよかった。。。

 

今回は『BNB(バイナンスコイン)とは、どんなコインなのか?』また『BNB(バイナンスコイン)に投資を決意した理由』について詳しくお伝えしていきます。

 

BNB(バイナンスコイン)とは、どんなコインなのか⁇

BNB(バイナンスコイン)とは、中国の仮想通貨取引所Binanceが発行する仮想通貨です。

 

BNB(バイナンスコイン)の実用性は、BNB(バイナンスコイン)を持っているとBinanceの取引手数料が半額になる点です。

 

手数料が半額ですよ!これは、仮想通貨取引を頻繁にする身としてはかなりうれしい。

 


半額になるならBNBを持ちたい!!!って人は増えそうだな

 

仮想通貨の値段は、需要と供給のバランスで決まっていきます。当然ですが、BNB(バイナンスコイン)を持ちたい!!!と思う人が増えれば増えるほどその値段は上がっていくわけです。

 

で、取引手数料が半額になるというメリットは相当な魅力なので、Binanceで仮想通貨取引をする人はBNB(バイナンスコイン)を購入する傾向になるのではないでしょうか。

つまり、Binanceで取引をする人が増えれば増えるほどBNB(バイナンスコイン)の買い圧力が強まり、値段が上がっていくと予想できるわけです。

 


よくできた仕組みだなー!!!

 

『なんてよくできた仕組みなんだー』と勝手に予想して、勝手に感心して投資に踏み切りました。

ですが、僕の予想はあくまでBinanceのユーザー数が増加することを前提にしています。

 


あっ!!!でも、ユーザー数が伸びてくれないと困るぞ!!!

 

「Binanceのユーザー数が増えなければ、意味がないのでは⁇」という疑問がわいてきます。

が、Binanceはユーザー数はものすごい勢いで増加しています!!!

 

1番最初にかいたように、

2017年の7月からオープンして、2017年12月には世界一位の流通量を記録しています。

わずかは5ヶ月!!!

 

尋常ではないスピードだと思いますが、それだけユーザー数を伸ばしているのもうなずけるぐらい使いやすく!取引手数料の安い!取引所です。

具体に、Binanceの魅力は以下の5つです。

【中国取引所Binance(バイナンス) 5つのメリット】

  • 手数料が圧倒的に安い!!!取引手数料は、日本取引所の40分の1
  • 登録がカンタン!!!3分以内で登録が終了する
  • 取扱アルトコインは80銘柄以上 これから伸びそうなアルトコインを購入できる
  • 海外取引所なのに日本語対応!!!操作方法に迷わない
  • 注文処理スピードが早い!!!

 

自分の不勉強でBinanceを知ったのは、2017年の12月なのですが、一度使い始めたら非常に使いやすく!しかも手数料も圧倒的に安いので、いまはもっぱらBinanceで仮想通貨取引を行なっています。

 


自分の不勉強さを恨みます

 

だって、日本の取引所の手数料よりも40分の1ですよ!!

日本語対応もしてくれていて、なんの不便もないので、オススメですね。

 

ここまで、肯定的に捉えておいてなのですが、もちろんリスクもありますね。

中国の取引所ですから、中国の規制によってBinanceが閉鎖し、BNB(バイナンスコイン)が無価値になってしまう。

そんな最悪のシナリオも考えられます。

まぁ、でも、BNB(バイナンスコイン)以外のコインも仮想通貨は法規制のリスクを抱えているので、

リスクを取っていることを承知で投資に踏み切っています。

 


投資にはリスクはつきものだからな

 

では、つづいてBNB(バイナンスコイン)に投資を決断した理由について。

 

BNB(バイナンスコイン)に投資を決意した3つの理由

1,急成長中!!Binanceの基軸通貨であるから

BNB(バイナンスコイン)は、ここまで書いてきたようにBinanceで基軸通貨的な役割を担っています。

それは、手数料が半額になる機能だけではなく、BNB(バイナンスコイン)と多くの仮想通貨を交換することが可能なのです。

 

日本の取引所では、ビットコインとほかの仮想通貨交換ができる場合がほとんどです。ここでは、ビットコインは仮想通貨の基軸通貨的な役割を担っています。

 


ほかの取引所でのビットコインてきな役割を担っているのか!?

 

ビットコインのような基軸通貨的役割を、BNB(バイナンスコイン)はBinance上で担っているのです。

仮想通貨をはじめて持つひとが、基軸通貨から入る。つまり、現在の場合はビットコインを持つのが最初という風に、Binanceで取引をするひとがはじめて持つコインはBNB(バイナンスコイン)となるのが自然なのでは。

 

となると、基本的には買い圧力が生じると予想して投資しました。

 


買い圧力が上回れば値段は上がるな!?

 

また、BNB(バイナンスコイン)はBinanceでの投票券としても機能します。

というのも、Binanceでは新たに上場するコインを決めるときに、ユーザーに「どのコインを上場させてほしいのか?」意見を募るんですよね。

その時の投票券としてBNB(バイナンスコイン)は機能していきます。

 


投票券としても機能するのか。

 

BNB(バイナンスコイン)の強みは、明確な実用性がある点だと思います。

取引所が発行する仮想通貨は、正直どのような役割を発揮するのかわからない通貨も少なくありません。

たとえば、取引所Zaifが発行する仮想通貨Zaifは具体的にどのような実用性があるのかぼくはいまだにつかめていません。

 


たしかにzaifはなにに使えるのか分からなかった

 

投資家がBNB(バイナンスコイン)に投資するメリットを上手く作り出している点で、これは期待大だと思って投資をしています。

 

2, 4半期ごとにBinanceがBNB(バイナンスコイン)の買い戻しを行うから

BNB(バイナンスコイン)はすでに発行上限数である2億BNBが発行されています。

そして、ここからがすごいのですが、4半期ごとにBinanceが利益の20%を使って、BNB(バイナンスコイン)の買い戻しを約束しているんですよね。

どういうことかというと、買い戻しが行われることで、市場における供給量が減り、需要が増加して値段が上昇する可能性があるということです。

最終的には、全発行数量の50%である1億BNBまで買い戻しをおこなうとされています。

『インセンティブ設計が本当にうまいな〜』と感心してしまいます。


買い戻しがあるのはありがたい

投資家側は、基本的にはリターンを得たいので値段が上がるというものに投資をします。

そして、Binance側もBNB(バイナンスコイン)の売却は利益につながるわけですから、BNB(バイナンスコイン)には価格上昇してほしいわけです。

投資家も、取引所もお互いに価格上昇を願う設計になっているのはすごいなー!っとおもっています。

 

3,Binanceは取引所として魅力的だから

そして、なによりもBNB(バイナンスコイン)の行方を握っているのは、Binanceのユーザー数の伸びですが、正直これに関してはあまり心配していません。

なぜかというと、僕自信が日本取引所からBinanceへと移行しているからです。

「日本の取引所でトレードするんなんてバカらしい!!!」とおもってしまうほど、Binanceの手数料やアルトコインの品揃えのよさは魅力的です。

 

じっさい、日本の取引所からBinanceへとメインの取引所を変化させている人は増えていくのだと思います。

一個人の実体験に基づいた予想にはなってしまっているのですが、BinanceのUI/UXは非常に秀逸です。

最近だと、アップルストアのトレンド検索のなかでも「バイナンス」という言葉を見かけるようになったので、徐々に日本の登録者数も増えているのではないでしょうか。

 

まとめ:BNB(バイナンスコイン)の将来性は??

正直、はじめてBNB(バイナンスコイン)の存在を知った時は、「もっと早く知りたかった!!!」と自分の不勉強さ恨みました。

せっかく仮想通貨投資を始めているんですから、もっともっと勉強して可能性のある通貨を探していきたいですね。

 

Binanceはまだまだ伸びる取引所だと思うので、BNB(バイナンスコイン)長期保有していきます。がんばって、1年は握っていければと。

BNB(バイナンスコイン)への投資に興味を持ったかたは、購入にはBinanceの口座開設が必要です。

関連記事

仮想通貨BRD(Breadブレッド)を購入!!BTCウォレットに期待大

草コインで1000万円獲得・億り人は可能なのか?投資戦略を検証

仮想通貨SALT(ソルト)を購入!!その将来性は??

仮想通貨ENG(Enigmaエニグマ)を購入!!MIT発の技術力に期待

仮想通貨QTUMを購入!!将来性は?投資した3つの理由

仮想通貨OmiseGO(オミセゴー)を購入!将来性は?